暗号化の現状 - 1700人の IT マネージャーを対象にした独立調査の結果

企業が暗号化製品を導入し、データを保護し始めた当時に比べ、現在では、人々の働き方は大きく変化しています。仕事目的で個人が複数のデバイスを使用するようになり、自宅や車、空港、カフェなどから自由に仕事が出来るようになるなど、働き方はさまざまです。このような背景において、どんなプラットフォームやデバイスからでもデータに安全にアクセスできるようにすることが求めらています。

この調査では、企業において、暗号化によるデータ保護が成功している点について詳しく見ていきます。同時に、企業の暗号化戦略を考察し、現状とのギャップは何か?安全なデータアクセスへの重要性が増し続けているビジネスの現場に対応できているか?といった点についても探ります。

ホワイトペーパーをダウンロードして以下の内容をご確認ください。

  • グローバルな暗号化の使用方法
  • 暗号化されるデータ / デバイスと暗号化されない内容
  • 暗号化に関して企業が今後対応すべき内容