認証情報を出荷時のままにしてある「IoT デバイス」の数は約 50万台にのぼると言われている中、先日、ボットネット「Mirai」が引き起こした大規模な DDoS 攻撃は、起こるべくして起きた事態なのかもしれません。しかし、リスクにさらされているのは標準的なホームユーザーばかりではありません。組織や企業もまた、ネットワークに侵入してサーバーやデバイスをボットネットに組み込み、踏み台として悪用する、標的型マルウェア攻撃のターゲットになっています。

このホワイトペーパーでは、これらの攻撃の成功率が高い要因や、典型的な感染の流れを解説するとともに、ボットネットの蔓延を防ぐために組織が導入すべきセキュリティシステムについて説明します。