外出先の従業員を保護する

クラウドセキュリティによってネットワーク外のエンドポイントも保護

cloud security

BYOD を活用する従業員にとって柔軟性と結果が最優先事項であり、セキュリティは二の次です。IT 担当者は、従業員の生産性を低下させることなく、セキュリティソフトウェアを常時アップデートしながらシステムをスキャンすることで、BYOD のリスクを低減する必要があります。

新たなセキュリティ担当者を雇ったり、予算を大幅に超過することなく、コンピュータと企業のデータを適切に保護しながら、外出先の従業員も業務に必要なツールを十分に活用するにはどのようにすればよいのでしょうか。このホワイトペーパーでは、企業の課題となっている社外で働く従業員とその BYOD セキュリティを取り上げ、そのソリューションとしてクラウド型セキュリティサービスへの移行を提案します。

IT セキュリティのノウハウソフォスのエキスパートが作成役立つヒント集やアドバイス
*
*
*

Sophos products may not be exported to Cuba, Iran, North Korea, Syria, or Sudan.

For further export information for Sophos products,
please see: http://www.sophos.com/en-us/legal/export.aspx