クラウドのセキュリティ状態
管理 ROI の計算

Sophos Cloud Optix のクラウドのセキュリティ状態管理を使用して、AWS、Azure、Google Cloud、Kubernetes 全体のセキュリティ、コンプライアンス、支出の問題を管理することで、チームが時間とエネルギーにかかるコストをどれだけ節約できるかご確認ください。

クラウドアセットの数
 
準拠する規制および業界コンプライアンス基準の数
 

クラウドアセット

「クラウドアセット」とは、クラウド環境で実行され、サービスからメリットを得たり、サービスが構成にアクセスしたりする単一の仮想マシンのインスタンス (サーバーインスタンスまたはデータベースインスタンスを含む) を意味します。「クラウド環境」とは、Amazon Web Services (AWS) アカウント、Microsoft Azure サブスクリプション、Google Cloud Platform (GCP) プロジェクト、Kubernetes クラスタ、開発コードリポジトリなど、インターネット上でコンピューティングサービスの提供を促進、または関わったりする環境を意味します。

規制および業界のコンプライアンス基準

CIS ベンチマーク、HIPPA、GDPR、PCI DSS など、組織がコンプライアンスを実証する必要がある規制とベストプラクティス基準。

ここに表示されている結果はあくまでも推定値となります。実際の節約額は異なる場合があります。

節約額

セキュリティリスクを特定、評価、および修復するための労力を削減

規制および業界標準の監査に準拠するための人件費の削減

3年間のコスト削減総額

Sophos Cloud Optix を使用すると、組織はセキュリティの侵害やコンプライアンス違反に対する罰則のリスクを軽減し、節約された時間とエネルギーを戦略的なプロジェクトに使用することができます。以下よりビジネスケースホワイトペーパーをダウンロードして、Cloud Optix がどのようにお客様の組織に役立つかご確認ください。また、デモ版に今すぐアクセスして、ソリューションをご確認ください。

クラウドのセキュリティ状態管理
のビジネスケースをダウンロード

IT セキュリティのノウハウソフォスのエキスパートが作成役立つヒント集やアドバイス
*
*
*

If you can see this then you have CSS disabled. This is a honeypot to catch bots, leave this textbox empty