世界中の IT 専門家からの情報を入手して、ランサムウェアの状況をよりよく理解

今年のレポートには、30 か国の 5,400 名の IT 専門家が回答し、ランサムウェア攻撃の頻度や、データを暗号化したときハッカーがいくら要求してくるか、そして実際に支払うことでデータが戻ってくるかどうかについての最新情報を明らかにしました。

2021年版ソフォス脅威レポートでは、以下について説明します。

  • サイバー犯罪者がデータの暗号化に成功する頻度
  • どの業種が身代金を支払う可能性が最も高いか
  • 中小企業が支払った平均的な身代金額
  • 身代金を支払った後、被害者がどれだけのデータを取り戻すか
  • ランサムウェア攻撃の影響を最小限に抑えるためのベストプラクティス

ランサムウェアの現状 2021 年版で取り上げられているトピックの一部:

ランサムウェアの普及率

前年と比較して、どれぐらいの組織が被害を受けたか。

後を追う攻撃者は誰か

2020 年に最も多くのランサムウェア攻撃を受けたのはどの組織か。

ランサムウェア攻撃の発生場所

ランサムウェアは国によって異なります。攻撃が最も頻繁に発生する場所を確認してください。

ランサムウェアによる被害

脅迫は新しい暗号化です。この新しい傾向について確認してください。

支払い額

さまざまな業界におけるランサムウェアのコストを確認してください。

金額を支払うとどうなるか

身代金を支払えば解決しますか?詳細情報をご覧ください。

ランサムウェアは進化し、効果を維持しています。先を行く方法を確認してください。

今年のレポートでは、悪い点を取り上げているだけでわけではありません。また、ランサムウェアを阻止するための取り組みと、今後の攻撃に備えるための方法についても説明します。